使徒信条

我は天地の 造り主 ( つくりぬし ) 、全能の父なる神を信ず。 我はその 独り子 ( ひとりご ) 、我らの ( しゅ ) 、イエス・キリストを信ず。 主は聖霊によりてやどり、 処女 ( おとめ ) マリヤより ( うま ) れ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、 十字架 ( じゅうじか ) につけられ、死にて葬られ、 陰府 ( よみ ) にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり、天に昇り、全能の父なる神の右に座したまえり。 かしこより来たりて生ける者と 死にたる者とを ( さば ) きたまわん。 我は聖霊を信ず。 聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、 身体 ( からだ ) のよみがえり、 永遠 ( とこしえ ) 生命 ( いのち ) を信ず。

アーメン。

- 「新聖歌」 -

寒中の木の芽

内村鑑三

春の枝に花あり 夏の枝に葉あり 秋の枝に果あり 冬の枝に慰あり

花散りて後に 葉落ちて後に 果失せて後に 芽は枝に顕はる

嗚呼憂に沈むものよ 嗚呼不幸をかこつものよ 嗚呼冀望の失せしものよ 春陽の期近し

春の枝に花あり 夏の枝に葉あり 秋の枝に果あり 冬の枝に慰あり

Links

My GitHub Site   Sister Site

微信公众号

Copyright 2018 Everstray Jun Sinri Edogawa
浙ICP备14032362号   浙公网安备 33010902000030号